フェイスリフトとは

フェイスリフトとは、加齢とともにたるんでしまった皮膚や皮下組織を引き上げて、たるみを元に戻す方法です。

鏡の前で手で頬を引き上げて「このたるみがなければ・・・」「こうなればいいのに・・・」と思ったことのある方は多いでしょう。手で頬を持ち上げたり、仰向けで横たわると、皮膚の内側にある脂肪や皮下組織などが上がり、頬のたるみやシワが少なく見えます。この時の顔を鏡で見ると、治療後の大まかなイメージができます。

たるみやシワを根本から改善したい方や、持続効果が欲しい方にお勧めです。

水戸中央美容形成クリニックでは、引き上げる部分や切開する大きさによって、「フェイスリフト」、「ミニフェイスリフト」、「こめかみリフト」の3種類のフェイスリフト方法があり、患者様一人一人のたるみの状態に合わせたオーダーメイドの治療を行っています。

● たるみの原因

まず1つ目の原因は、加齢により肌自体を支える真皮の弾力繊維のコラーゲン、エラスチン、水分保持成分のヒアルロン酸が減ってしまうため、うるおいが不足し真皮層の弾力が低下し皮膚がしぼんでいきます。 真皮層は、その下にある脂肪層も支えていますが、脂肪層は20歳前後から徐々に減っていき、真皮層も30歳を過ぎたころから衰え始めます。すると、肌を支える力が弱まり「たるみ」が起こります。また肌の弾力がなくなることで、毛穴を支えきれなくなり毛穴が開いてしまいます。毛穴の開きは肌表面のたるみとなって見え、より老けた印象を与えてしまいます。

もう1つの原因は、筋肉の衰えです。 顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があります。この筋肉は、真皮に直接くっついていて皮膚の土台となっています。土台である筋肉が衰え重力によって下がってしまうと「たるみ」になるのです。

頬は脂肪や筋肉が多く重量もあるのでたるみが出やすく、加齢とともに頬の皮膚、脂肪、筋膜が下垂し、頬のたるみがフェイスラインや口元のたるみへ移行していきます。すると、ブルドッグフェイスや二重あごの症状が現れます。

フェイスリフトは、たるんでしまった皮膚や脂肪、筋膜を引き上げるので、フェイスラインがすっきりし頬にハリが出ます。また、口角が上がることにより表情が明るくなり、治療前よりも若々しい印象になります。

フェイスリフト

フェイスリフトは、こめかみ部の頭髪部から耳の付け根を切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除き、鼻唇溝の深いシワ、頬のたるみ、口角のたるみやくぼみ、あごから首にかけてのシワやたるみを改善する若返り治療です。

治療後の固定もなく、切開線は頭髪の中や耳の付け根なので髪の毛で隠れて目立ちにくいです。

フェイスリフトは、シワやたるみが改善されることでフェイスラインがすっきりし、肌にハリが出て毛穴が目立ちにくくなります。また、口角が上がり表情が明るくなるので、若返った印象になります。

頬や首のたるみの原因は皮膚だけでなく、脂肪や顔の筋肉(表情筋)も関係しています。そのため、皮膚のたるみだけ引き上げても美しいフェイスラインは生まれません。水戸中央美容形成クリニックでは、皮膚だけを切除して引き上げるのではなく、顔の筋肉(表情筋)の上を覆うSMAS筋膜も一緒に引き上げることで、リフトアップ効果を引き出します。また、SMAS筋膜をしっかり引き上げることで持続効果があります。

SMAS筋膜を十分に引き上げずに治療を行うと・・・

皮下組織にリフトアップ効果がないため、治療後時間とともに後戻りが見られたり、縫合部分(切開線)に必要以上の力がかかり、切開線が広がってしまうこともあります。 フェイスリフトは、SMAS筋膜を引き上げることがポイントになります。

フェイスリフトがお勧めの方

  • 鼻唇溝のシワが深い方
  • 頬やフェイスラインのたるみが気になる方
  • あごから首にかけてのシワやたるみが気になる方
  • 口角のたるみやくぼみが気になる方
  • 顔全体のたるみが気になる方
  • シワやたるみを改善したい方
  • 持続効果が欲しい方
● フェイスリフトの治療について

治療時間・通院

治療時間:約100分 通院:1週間後に抜糸通院

料金

フェイスリフト 750,000円(税別)
静脈麻酔    50,000円(税別)

※フェイスリフト治療は、静脈麻酔が必要になります。

ミニフェイスリフト

ミニフェイスリフトとは、耳の付け根より切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除き、鼻唇溝のシワ、頬のたるみ、口角のたるみやくぼみ、あごから首にかけてのシワやたるみを改善する若返り治療です。

治療後の固定もなく、切開線は耳の付け根なので髪の毛で隠れて目立ちにくいです。

フェイスリフトに比べ切開する範囲が小さいため効果は劣りますが、フェイスリフト同様、皮膚だけを切除して引き上げるのではなく、顔の筋肉(表情筋)の上を覆うSMAS筋膜も一緒に引き上げるので、リフトアップ効果があります。

ミニフェイスリフトがお勧めの方

  • 鼻唇溝のシワが気になる方
  • 頬のフェイスラインのたるみが気になる方
  • あごから首にかけてのシワやたるみが気になる方
  • 口角のたるみやくぼみが気になる方
● ミニフェイスリフトの治療について

治療時間・通院

治療時間:約90分
通院:1週間後に抜糸通院

料金

ミニフェイスリフト 600,000円(税別)
静脈麻酔      50,000円(税別)

※ミニフェイスリフト治療は、静脈麻酔が必要になります。

こめかみリフト

こめかみリフトとは、こめかみ部分(頭髪部)より切開し、余分な皮膚を取り除き、こめかみ部や頬上部のたるみを改善する若返り治療です。

治療後の固定もなく、切開線は頭髪の中なので髪の毛で隠れて目立ちにくいです。

ポニーテールのように髪の毛を束ねると、こめかみ部がやや引き上げられますが、こめかみリフトはポニーテール時と同じ効果があり、別名「ポニーテールリフト」とも呼ばれています。

こめかみリフトがお勧めの方

  • こめかみ部のたるみが気になる方
  • 頬上部のたるみが気になる方
● こめかみリフト治療について

治療時間・通院

治療時間:約40分
通院:1週間後に抜糸通院

料金

こめかみリフト 300,000円(税別)
静脈麻酔    50,000円(税別)

※こめかみリフトは、静脈麻酔が必要になります。

● 治療後の注意事項
  • いずれのフェイスリフトも静脈麻酔が必要になります。
    静脈麻酔の注意事項: 施術当日の飲食、施術後のお車の運転は控えて下さい。
  • いずれのフェイスリフトも、施術後3日間は洗髪を控えて下さい。 施術後4日目より、切開部分以外の洗髪は可能です。切開部は抜糸までは濡らさないようにして下さい。
  • シャワーは当日より可能です。 体が温まってしまうと腫れが引くまでに時間がかかってしまうので、入浴・アルコールは1週間控えて下さい。
  • パーマや毛染めは、施術後1ヵ月間は控えて下さい。
● フェイスリフト・ミニフェイスリフト・こめかみリフトの施術の流れ

1.カウンセリング・診察

患者様のご希望をお伺いし、ご不明な点やご不安な事は何でもお聞き下さい。 治療の詳細や効果を詳しくご説明致します。

2.デザイン

  • •切開線の周りの髪の毛をカットしまとめ、消毒をします。 (切開線にかぶさる髪の毛だけをカットするので、カット範囲はとても小さいです。)
  • •静脈麻酔時用に点滴を行います。

3.静脈麻酔(いずれのフェイスリフトも、静脈麻酔が必要になります。)

点滴より麻酔を注入し、うとうと眠った状態になります。

4.施術

  • フェイスリフト・・・こめかみ部分の頭髪部から耳の付け根を切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除き、顔の筋肉(表情筋)の上を覆うSMAS筋膜も引き上げてきれいに縫合します。治療時間は100分程です。
  • ミニフェイスリフト・・・耳の付け根より切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除き、フェイスリフト同様にSMAS筋膜も引き上げてきれいに縫合します。治療時間は、約90分程です。
  • こめかみリフト・・・こめかみ部分の頭髪部より切開し、余分な皮膚を取り除き、きれいに縫合します。治療時間は、約40分程です。

5.施術後の注意事項の説明

看護師より施術後の注意事項について説明させて頂きます。

● フェイスリフトのメリット・デメリット

メリット

  • フェイスリフト、ミニフェイスリフトでは、皮膚だけでなく脂肪や顔の筋肉(表情筋)の上を覆うSMAS筋膜も一緒に引き上げリフトアップ効果があります。
  • フェイスリフトでは、鼻唇溝の深いシワ、頬のたるみ、口角のたるみやくぼみ、あごから首にかけてのシワやたるみを同時に改善することができます。
  • いずれのフェイスリフトも、切開線が頭髪の中や耳の付け根なので目立ちにくく、他人に気付かれにくく治療を受けられます。

デメリット

  • いずれのフェイスリフトも切開線が残ります。 切開線は施術後6ヵ月程赤みがありますが、時間とともに白くなり、目立ちにくくなります。赤みはコンシーラーやファンデーションで隠れるのでご安心下さい。 (切開線は、頭髪の中や耳の付け根と目立ちにくい部分なので、他人に気付かれにくいです。)
  • 切開をするので、1週間程腫れがあります。
● よくある質問

Q.術後はどのくらい腫れますか?

A.当院では、皮膚だけでなくSMASとよばれる筋膜も引き上げる方法ですので、効果、持続性ともに優れており、術後の腫れも少ないのが特徴です。

Q.キズ跡を全く残さず手術することはできますか?

A.フェイスリフトは切開をして行う方法です。切開を行えば、キズ跡を全く残さないことは不可能です。 ただし、目立たなくさせることはできます。 当院では [1]SMASと皮膚を2層で引き上げる、[2]W型に切開を行う、[3]縫合のテクニック・・・ などにより、傷跡を目立たなくさせ、自然な若返りを目指します。

Q.入院や通院は必要ですか?

A.入院の必要ありません。通院は術後1週間後の抜糸通院があります。

Q.術中に痛みはありますか?

A.フェイスリフトは局所麻酔、静脈麻酔、の2つの麻酔を使ってから行います。
麻酔を打つ際に多少痛みはありますが、その後は麻酔が効いてきますので痛みを感じることはありません。

Q.シャワーや洗髪はいつから可能ですか?

A.施術後4日目から患部を濡らさないようにでしたら可能です。

Q.飲酒は可能ですか?

A.出血を防ぐために、施術から1週間は控えてください。

水戸中央美容形成クリニックについて

院長 宮崎 浩彦

平成 7 年 東京医科歯科大学卒
歯科医師免許取得
東京医科歯科大学病院勤務
平成15年 札幌医科大学卒
医師免許取得
東京警察病院 勤務
平成17年 城本クリニック 勤務
平成18年 水戸中央美容形成クリニック 院長就任
経歴
  • 日本美容外科学会専門医
  • JAAS美容アンチエイジング認定医

院長の写真


当院では、カウンセリング→診察→治療まで全て院長が責任を持って行っております。
リピーターで来院される患者様も多く、遠方からのお越しの方(福島県や栃木県、千葉県、埼玉県など)も多数いらっしゃいます。
スタッフ一同心よりお待ちしております。
ご安心してご連絡・ご予約ください。

院内の様子

Access 当院へのアクセス

アクセスマップ

水戸中央美容形成クリニック
〒310-0015
茨城県水戸市宮町1-3-38
駅前中村ビル8F

[受付時間] 9:30~20:00(完全予約制)


当院は自由診療のクリニックです。公的保険については適用範囲外となります。